img_01

中古車選びの重要ポイントと一般的な考え方

中古車市場において、売れ筋となる車は比較的傾向が絞り易いものです。新車と比較して多少なりとも使用された経歴を持つ中古車にとって、その程度が最も重要となる事は確実であり、もちろんその程度が浅ければ浅いほど人気が高く売れ筋となる訳です。

具体例として挙げられるのは走行距離。


各車の走行距離が客観的に計れる最も信頼の高いバロメーターであり、いわゆる新古車扱いされる様な、5000キロ未満の走行距離の車はすぐに売れる傾向が強いと言えるでしょう。
次いで重要となるのはやはり車種。
デザインや機能性、そしてその車種自体が持つ歴史的背景やブランド性等、高いステータスにある車種程人気は高いものです。

これは一般的な知名度とも直結しており、例えばコンパクトカーといった大衆車においては、そのネームブランドで人気を集め、また中古車自体の在庫数も多く全体的なクオリティも高い事から売れ筋となり易い傾向にあります。



しかしこれを高級外車やスポーツカーに当て嵌める事は難しく、特に海外の有名スポーツカーは知名度やブランド性は極めて高いものの、元々の価格が非常に高いという事もあり、中古車であっても売れ筋と呼べる様な売上には繋がらないものなのです。

中古車情報は初心者にも分かりやすいです。

あまり車に関する先入観や知識、特定車種に対する憧れが無い人が無難に中古車を購入したいのであれば、先ずはメンテナンス性も高く上にランニングコストも低く、総合的に誰でも扱い易い大衆車をメインに選ぶのがベストである事に間違いはありません。

東京新聞について詳しく知りたいならこちらのサイトです。